BLOG ブログ -Blog-
人間関係を円滑にする1つの方法は「聞き上手」 20200622
 
 
心理カウンセラーの八納慧果(やのうさとか)です。
 
 
会社の同僚、
取引先の相手、
クラスメート、
ママ友、
子供の同級生の親。
 
人は行動すると、必ず他人との交わりがあります。
 
 
仕事関係の人間関係。
いきなり本題から入ってもいいけど、
やはり、アイスブレーキング的に会話がしたほうがいいかも。
 
 
プライベートの人間関係。
とっても仲がいい人ではない、
「知り合い」程度の人と顔が合えば会話を交わす必要がある。
 
 
会話を始める前は、
「何を話そうか?」と悩みまくり、
 
 
会話が終わった後は、
「あの返答で大丈夫だったかな?」
と、会話の一部始終を思い出して、
大反省大会が始まる。
 
 
・・・結果、疲れて、
「もう、人間関係、いいや」となる。
けど、「いいや」にできないから、
人と会うと胃が痛くなる。
 
 
ーーー
 
この状態から脱する方法として、
「話し方教室」に通うなどして、
話術を磨こうとする人もいますが、
かなりの無謀な挑戦です。
 
「話し方教室」に通っても
うまくいかないことで、
ますます自信をなくしてしまいます。
 
そこで、目指すは、
「聞き上手」です。
いや、本音を言うと、
「聞きフリ上手」です。
 
ーーー
 
ちょっと話が傍に逸れますが、、、
 
私は教師時代、生徒さんを海外研修に
引率したことが数回あります。
 
正直、どの生徒も英会話のレベルの差はほとんどありません。
でも、毎回、海外研修先の学校の先生に
すごく人気になる生徒さんがいます。
 
その生徒さんの特徴は、
 
・常に笑顔(ごまかしも含めて、とりあえず笑ってる感じ)
・簡単な単語(例えば、”Yes”や”No”)でも、とりあえず返事する
・相手が何を言ってるかわからなくても、うなづく
 
でした。
 
誰でもそうですが、
笑顔で反応する人には、気持ちが良くなります。
言語が変わっても、これは変わらないんだなあと思います。
 
ーーー
 
と、言うわけで、
人間関係を円滑にするためのポイントは、3つです。
 
・あいづちの種類は5個以上
 「へー」「なるほど」「そーなんだ」「いいねー」「それ知らなかった」 など
 
・うなづく
 「ふんふん」と言いながら。時に早く、時にゆっくり。
 
・笑顔
  口角をキュッとする癖はつけておくといい
 
あとは、
会話の始まりは、天気の話題を定番化しておけば、準備OKです。
 
「聞き上手」の達人を目指すのではなく、
「聞きフリ上手」で十分です。
 
 
ーーー
 
得意でない会話をがんばったあとは、
ご自分へのご褒美の用意もお忘れなく^^