BLOG ブログ -Blog-
人間関係を改善する(4)〜パターンに気づく〜 20171028

download

 

おはようございます。心理カウンセラーの八納慧果(さとか)です。

 

まずは、人間関係は改善する(3)〜性格が原因ではない〜 をご覧ください。

 

 

人間関係を改善する上で、人との間で起きる「パターン」に気づくことは、とても大切です。

 

 

例えば、いつもイライラしているわけではないのに、

あの友達にイライラすることが多い。

どうしてだろう??

 

 

理由を探ります。

 

 

・友達はいつも返事が曖昧だ。

・友達は待ち合わせには遅刻してくる。

・友達はすぐに約束を忘れるから、任せておけない。

・友達はニコニコしてるけど、うっかりミスが多い。

 

 

 

このように見ていくと、

 

・はっきりしない

・時間を守らない

・責任感がない

・ちゃんとしていない、

 

このような人に「イライラする」ということが分かります。

 

 

 

と、いうことは、あなたは、この人たちに比べて、

ほんの少しだけ(または、大いに、かもしれませんが)、

 

・はっきりしている

・時間を守る

・責任感がある

・ちゃんとしている

 

ということが分かります。

 

 

性格の問題というよりも、この人たちと比べて、少しでも差を認識すると、

それが「イライラ」に結びついてしまうということなのです。

 

 

なので、このようなタイプの人に会うと「イライラする」と知っておけば、

実際に遭遇しても、

「このタイプの人だから、イライラしてるんだ」と、

冷静にイライラしている状態を見ることができます。

 

 

 

これが、「パターンに気づく」ということです。

 

 

パターンに気づくと、人間関係の悩みから、半分は抜け出しています。

あとの半分は、問題解決に向けて、実際に取り組んでいけばいいのです。

 

(つづく)