BLOG ブログ -Blog-
乾燥肌への対策 20210707

 

 

 

 

娘は乾燥肌で、赤ちゃんの頃からずっと悩んでいました。

 

お医者様からは、「汗が良くないので、とにかく、シャワーを浴びて保湿」とのこと。

 

夜に寝汗をかいて起きるかゆみのために、身体中をかき、翌朝は傷だらけになっていることがよくありました。そのため、特に、春夏は朝起きてすぐにシャワー、その後も、1日に数回シャワーを浴びるように心がけていましたが、相手は子供。すぐに汗をかきます。また、気分によって、「シャワーを浴びたくない」と。「浴びなさい!」「イヤだ」の攻防を繰り広げることもありますし、また、シャワーを浴びるたびに、大量に出る洗濯物との格闘の日々。正直、ものすごく疲れました。

 

ーーー

肌荒れを治す効果的な方法は次の通り。

 
まず、皮膚疾患は感染症の要素が極めて高い。アトピーもそう。栄養として、サプリのビタミンAとビタミンDの大量投与する。
 
 
汗をかいた後の対応として、
  1. シャワーを浴びる   
  2. 殺菌のため、竹酢(ちくさく)液を塗る(肌の引き締めと保護膜の形成に役立つ)
  3. 保湿のため、ヒルロイドを塗る。(肌をパックする感覚)
 
 
また、ステロイドのは使い方にも注意が必要とのこと。ステロイドは、あくまでも皮膚の保護膜を作り、炎症を抑えるのが目的なので、こするように塗るのはNGで、化粧をつけるときのようにポンポンとのっけて、そっと伸ばすのがよい。
 
 
食事面では、新鮮な魚を食す回数を増やすこと。魚のEPAが炎症を抑えるのが目的です。また、油はオリーブオイル、ココナッツオイルなど、質の良い、酸化しにくいものを使用すること。食物アレルギーの可能性もあるので、数百項目以上の食物アレルギー検査をすることも必要。
 
 
お風呂では、体は石鹸をつけて、軽く洗うこと。ナイロンたわしでゴシゴシはNG。
 
ーーー