BLOG ブログ -Blog-
やる気を継続させる方法(2)20171021

images

 

おはようございます。心理カウンセラーの八納慧果(さとか)です。

 

まずは、やるきを継続させる方法(1)をご覧ください!。

 

 

実際、娘にこの方法を試すようになって、2つの変化がありました。

 

1つ目の変化は、「ピアノの練習をしなさい!! 👿 」と言わなくなったこと。

 

娘はピアノが好きで習い始めたのに、気分にムラがあり、練習をしたくない日には、

私が何度も「練習しなさい!」と言って、嫌々やるという感じでした。

言う私も嫌な気分になるし、娘もやらされている感じがするのでしょう、

明らかに不機嫌でした。

「無理やり習わせているのではないのに、やらせている感じがして嫌だ」

と私も気分が悪くなりました。

 

ですが、トークンエコノミーを取り入れてからは、

「今日も表に花丸がつけられるかなあ〜?

(娘は単なる丸は嫌だったようで、花丸にしています^^)」

と言うだけで、すぐにやり始めます。

(娘は1つのことに夢中になると、他が見えなくなる時があるので、

促す感じで声かけをします)

おかげで、私の嫌な気持ちになることはないし、娘も自発的に練習を始めているので、

練習に対して前向きです。

 

 

2つ目は、ピアノだけでなく、宿題に関しても、自分から表を作って、

できたら花丸をつけ始めました。

おかげで、小学校から帰ってからのリズムができました。

自発性も育ち、私は「よくがんばったね〜」とほめるだけ。

以前は連発していた「◯◯しなさい」を言う回数はかなり減りました。

 

 

表はよく見えるところに貼っています。

また、同じ箇所に「10個たまると鉛筆、20個たまると消しゴム、、、」

と書いた紙も貼っています。

この表を毎日見て、「あと、◯回やったら、鉛筆だね!!」と、とても嬉しそうです。

 

 

「物を買い与えるなんて、教育によくない」という意見もあり、

私はその意見を否定するつもりはありません。

 

 

「◯◯しなさい!!」と言わなくてもいい子供には必要のないことだと思いますが、

娘はそのようなタイプではありません。

以前の私は、怒らないようにしよう、と思い、

最初は「ピアノの練習やろうね〜」と優しく言うがやらない。

なので、だんだん腹が立ってきて、「練習しなさい!!」と怒ってしまっていました。

嫌な気持ちになるし、「また、言ってしまった」と毎回、自己嫌悪を感じていました。

だから、娘がうまくピアノをひいても、褒める余裕がありませんでした。

 

今は、促す言葉をかけるだけ。すると、娘は自ら、やる気を持って取り組みます。

そして、そんな娘の姿を私は褒めることができます。褒められて娘も嬉しそう。

 

 

そして、自分に対しても「子育て頑張ってるね」と褒めます。

自分を褒めるなんて、とても照れ臭くてできなかったし、

そんな余裕もなかったのですが、

自分で自分を褒めること、思ったよりもいい気分になります。

 

 

この方法を取り入れてから、私は笑顔でいる時間が増えました。

娘も笑顔が増えたかな。

 

 

自分の笑顔に気付く余裕がある、、、。

とても必要なことだと思います。