BLOG ブログ -Blog-
苦手な人のエネルギーを取り込む(1) 20171128

images-1

 

おはようございます。心理カウンセラーの八納慧果(さとか)です。

 

 

あなたには苦手な人はいますか?

その人のことを想像すると、、、

心がぞわぞわする、

会いたくない、

うざいと思う、、、など、

苦手で嫌いな人。

 

 

例えば、人によって態度が変わる人がいます。

権力者や有名人の前では、ぶりっ子して、結果、その人たちから可愛がられる。

でも、そうでない人には、愛想がなくて、無視したり、毒舌を吐いたりする。

 

 

こんな人は、私は苦手で嫌いです。

 

 

でも、同時に、その人のことはうらやましい、とも思っています。

認めたくないですが、大嫌いなのに、その人のようになりたい、

憧れすら感じています。

 

 

何をうらやましいのか?

どこの部分に憧れているのか?

 

 

私の場合は、その人が思いのままに行動している、

ある意味、自分の気持ちに素直であることがうらやましいです。

 

やり方は間違っている部分がありますが、それで

「自分が気に入っている人に気に入られる」ということを達成している。

無駄がない生き方のような気がします。

 

 

、、、ここまで書いて、ふう〜とため息です。

 

 

嫌いで苦手な人のことを、うらやましい、憧れだというのは、なかなか勇気がいります。

だって、嫌いで苦手な人とは、そばにも寄りたくないと思うからです。

 

 

でも、苦手で嫌いな人の「ここが嫌!」を感じるのは、

自分の中にも「同じもの」を持っているからです。

そうでないと反応しない。

どうでもいい人には反応しないのです。

 

 

そして、それが「自分の中にある」「あの嫌いな人は私だ」

と思った瞬間に、その人の嫌いな部分が、エネルギーとして

自分の中に入ってくる。

正確に言うと、エネルギーであると認めるという感じでしょうか。

 

(つづく)