BLOG ブログ -Blog-
本から選ぶ直感メッセージ(17)「じぶんにぴったりの場所を見つける」20160721

unnamed (2)

 

おはようございます。心理カウンセラーの八納由美子です。

 

直感で選んだ本から、直感でページをめくり、言葉を選びます。

その言葉から思い浮かぶメッセージを綴っていきます。

  

   *:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–

  「自分にぴったりの場所を見つける」

     《魂の声に気づいたら、もう人生に迷わない アラン・コーエン 著》

*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–

 

本来の自分とその当時の生き方に違和感を感じ始めた時、最初に思ったのは、

「この服は、私が本当に来たい服なの?」ということだった。

 

偶然知り合った方から、カラーセラピーを受けると、今まで自分が決して選ばなかった

紫やピンクが私の肌色に合うことがわかり、衝撃を受けた。

 

そして、初めて、買い物にも同行してもらった。

今まで選ぶことがなかった、カラーと洋服の形に目を白黒させながら、袖を通す。

「わ、似合ってる、私」と、また、衝撃。

 

選ぶカラーと洋服で、ここまで印象は変わるのかと驚いたことをよく覚えている。

 

あれから、職も変わり、母になり、年齢を重ねた。

ふと、今までの洋服が似合わなくなる瞬間がある。

私にとっては、これが「今の場所は私にぴったり?」のサイン。

 

ちょっと違うな〜と思い始めると、

行きつけの洋服屋さんが広島から撤退したり、

顔なじみの店員さんが辞めたり、

デザイナーが変わって、趣向が違ってきたりする。

 

洋服は目で見えるから、分かりやすい。

 

あなたにとって、「自分にぴったり」のポイントは何ですか?