BLOG ブログ -Blog-
本から選ぶ直感メッセージ(21)「自分が傷つく”ツボ”がどこか知っておく」20160724

d83840fe-e9e8-4bb8-8c66-66405d66ecd3

 

おはようございます。心理カウンセラーの八納由美子です。

直感で選んだ本から、直感でページをめくり、言葉を選びます。

その言葉から思い浮かぶメッセージを綴っていきます。

  

   *:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–

  「自分の傷つく”ツボ”がどこか知っておく」

           《なぜあの人はいつも好かれるのか? 本田健 著》

*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–*:–☆–:*:–☆–:*:–☆–

 

私は相手の一言を気にして、傷ついてしまうことがあります。

 

あとから尋ねると、私を傷つけるつもりはなく、

なんとなく口から出た、言葉の綾で出た、その時に流行っていたから使ってみた、

挙げ句の果てには、意味を取り違えていた、なんてこともあります。

 

私の”ツボ”は「バカにされている」と思ってしまう言葉です。

 

もちろん、相手は私をバカにしてなんかいないのですが、

とても自信がなく、きっとうまくいかないだろう、という気持ちでいる時に、

相手の言葉に「バカにされた!」と思い、気持ちがズーンと沈み、

最後には、相手に怒りを持つ、という最悪の工程を歩むことになるのです。

 

最初は、勝手に落ち込む方が悪いのだから、相手にそのことを伝えるのは迷惑だろう、

と思っていたのですが、機嫌が悪い方がよっぽど迷惑でした、、、^^;

 

なので、今は「その言い方は、バカにされているように感じる」と率直に言います。

 

そして、今、取り組んでいるのは、「バカにされていると思う原因は何だろう?」

の理由を探ることです。

 

私は、人に認めてもらうのは、「社会の役に立つことをしていないといけない」という

強い思い込みがあります。それも、地位や名誉もあるもの、ということも追加されます。

 

今は家でカウンセリングやセミナーを開催しているので、どこかの会社に所属はしていません。

これは自分が望んだことなのに、一方で、社会的な地位は低い、と勝手に思い込んでいます。

そして、この思いが強くなって、感情的に落ち込んだ時に、「バカにされている」と感じます。

誰もバカにしていない、しているのは私だ、と冷静になるとわかるのですが、冷静でないと、、、。

 

今はここまで考えがまとまっています。

これは私のとって大きなテーマなので、これからもしっかり見ていこうと思います。