そのものを活かしきる(3)20181219

 
 
心理カウンセラーの
八納慧果(やのうさとか)です。
 
まずは、
をご覧ください。

 

例えば、

 

基本的に一人でいることが好きで、
自分から話しかけるのは苦手なのに、
一生懸命、場を盛り上げようと、
自ら話を振り、

その場を回していこうとするとき。

 

 

昨今は、「コミュ障」という言葉が生まれ、
「コミュニケーションが苦手なことは、欠点」
という風潮があるので、

自分で「コミュニケーションは苦手」
という認識のある方は、

それを克服しようと努力します。

 

 

努力することは否定しませんが、
相当無理をしているので、
コンパやパーティーに積極的に出かけたり、
初対面の人に

気さく(そう)に話しかけたりするのは、
かなりのエネルギーが必要です。

 

 

結果、終わった後はぐったり疲れます。

 

そして、場を盛り上げるのは、
もともと気質的にあっていないので、
数回経験すると、

 

「2度とコンパにもパーティーにも行かない」

 

との結論に達してしまうこともあります。

 

(続く)

Share on facebook
Share on twitter