子供に「もっともっと」を求めてしまう気持ち(1)20181225

 

 

心理カウンセラーの

八納慧果(やのうさとか)です。

 

子供に対して、どのように接したら

いいのかわからなかった時に

相談に来られたGさん。

 

 

お子さんの状態に合わせて、

対応の仕方を1つ1つ変えいきました。

 

 

1度でうまくいくことはあまりなく、

改良改良を繰り返していきました。

とても根気のいることでした。

 

 

その結果、

初めてセッションに来られた1年前とは、

状況はすっかり変わりました。

 

 

Gさんの表情がとても明るくなりました。
目線が上がり、着る洋服の色も明るめに。
お子さんとの関係が変わると、

視野がどんどん広くなりました。

 

(続く)

Share on facebook
Share on twitter