「いい人」は才能であり魅力である(1)20190526 

 

心理カウンセラーの

八納慧果(やのうさとか)です。

 

 

「私は娘の小学校で、

つい、役員を引き受けるし、
自分の習いごとの教室でも、

会計などの役割を

引き受けてしまうんです。

 

やりたくてやっているわけではありません。

 

でも、先生が困っているのを見ると、

申し訳なくなってしまって、

雰囲気に押されて、

立候補してしまうんですよね。

で、結果、日常が追われてしまって、

イライラすることもあります。」

 

Nさんは小学生のお嬢さんを

持つお母さんです。

 

「ついつい引き受けてしまう」癖は、

子供の頃からだそう。

 

そのため、周りからは

「責任感が強いしっかり者」であると思われて、
中学校に入ると、

クラス役員はNさんがやるもの、

と同級生はみんな思っていたそうです。

 

 

「でも、私は本当は

しっかり者なんかではないんです。

 

人にいい人って思われたいだけなんです。

 

そんな自分がすごく嫌なんですけど、

断れないし、拒否できないんです」

 

(続く)

Share on facebook
Share on twitter