スケジュールの作成で段取りする(5)20181014

 

心理カウンセラーの

八納慧果(やのうさとか)です。

 

まずは、

スケジュールの作成で段取りする(4)

をご覧ください。

 

「覚えておこう」
と思っても、忘れてしまいます。

 

真面目な人は、
「忘れてしまうのは、

気合が足りない」
と感じて、

自分を責めがちです。

 

どんなに気合を入れても、
忘れるときは

忘れてしまいます。

 

そのことで自分を責めるのは、

きついです。

 

スケジュールに入れて、
リマインダーで連絡が来て、
必要なことを行うことで、
不要な不安や焦りは

ほとんどなくなります。

 

「できた!」

という事実を

増やすことはとても大切です。

Share on facebook
Share on twitter