「自分はどうしたい?」力を発揮しやすい環境を知ることの利点

質問: あなたがより自分らしくいられるのは、次のどちらですか?

一人っきりが好きですか? それとも、人が大勢いるところが好きですか?

自然の中ですか? それとも、都会の人ごみの中でしょうか?

仕事は個人でするのがいいですか? それとも、チームで進めるのが好きですか?

 

人には、それぞれに合った「環境」があります。環境が整えば、力は発揮しやすいし、結果も出やすいのです。例えば、一人で黙々と研究をして、その論文も高く評価される学者タイプのような人は、飛び込みの営業の職業でも、同じように能力を発揮できるでしょうか?中には同じくらい能力を発揮できる人もいるかもしれませんが、上記の2つの環境は全く異なるので、多くの場合は能力は発揮できないのです。

 

そうですが、まじめで、劣等感が強くて、同時に向上心もある人は、「常に成長しなくてはいけない」との考えが根底にあるので、どんな環境でも、努力しなければならない、挑戦しなければならない、と思っています。もちろん、努力し、挑戦することは素晴らしいことです。ただ、まじめな人は、努力しても結果が出ない時、「自分の努力が足りないのだ」「もっともっとがんばらないといけない」と、全て自分のせいにして考える傾向にあります。なので、努力しても努力しても結果が伴わないと、どんどんパワーを失ってしまい、能力を発揮できなくなってしまいます。「努力すればなんとかなる」という考えが、かえって、その人の成長を邪魔してしまうのです。

 

そういう意味でも、自分に合った環境はどんなものなのかを知ることは、とても重要です環境が整えば、どんどんパワーが出て、自分らしく能力を発揮することができます。環境は、その人のすばらしさを生かし、何十倍にもする、とても大切で大きな要素です。

Share on facebook
Share on twitter